SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< 溝口ちゃんに切ってもらったよ | main | この画像はすごい。 >>
「デザイン」とは、生み出すものではなく、見い出すものです
今日は、根津美術館と21_21 DESIGN SIGHTに行ってきました。

新しくなった根津美術館は後述するとして
21_21 DESIGN SIGHTの展示「THE OUTLINE(アウトライン)」は、とても感動的でした。
普段撮影に携わる美容師さんには、特にオススメです。


(21_21 DESIGN SIGHT ホームページより)


深澤直人さんがデザインしたプロダクトを、
写真家の藤井保さんが「どの部分を切りとり写真にするか」という着眼点が
主眼の企画で、
作品と写真、双方の展示があって、
「この商品のここを映しますか・・・」という驚きとともに
写真がいかに主観的で、作品はいかに主観によって切り取られるかが、
よくわかる展示でした。

中でも、一番感銘を受けたのは、深澤さんのコメントです。
増田なりの要約です。


「商品をデザインすること=
自分のアイデンティティをカタチに投入できると思っていた未熟な時代があった。
けれども、それは『木を見て、森を見ず』という状態であったと思う。
今は、カタチを作る=デザインをするということは
『生み出す』ということではなく『見い出す』ということだと考えている」

という内容の文章です。

つまり、デザインをするということは
カタチを与えるのではなく
最適なカタチを削りだす。
 
そういうような境地にいたったということだと思う。

designという単語は「設計をする」という意味で
もともとは、
「(最近そう思われていがちな)デコラティブに飾り立てる」というような意味ではなかった。
「デザインする」という言葉には、
そもそも「削る、不要な部分を削ぎ落とす」という意味があって
私は、
デザインとは、「生み出す」のではなく「(もともとあるものを)見い出す」という感覚が
本来の言葉どおりの、デザインなのかなあと思っている。

それが、今日、
バチッとハマった言葉で説明されていて
なんだかすーっといろんな糸がほどけたような気がしました。


最後によしもとばななさんからの寄稿文がありました。
そこでもやはり
「深澤さんのデザインは、不必要なものを捨てて、本来のカタチを削りだす」というような
感想が書かれていて
大変共感した次第です。

いろんなことを考える事ができる、とてもオススメの展示です。
デザインと写真の関係についても考えることができます。
お近くの美容師さん、一度どうぞ!!

最後に、ホームページで紹介されている、
深澤さんのコメントを転載します

藤井さんの写真を最初に見たとき、そのはっきりとしないモノの輪郭に驚いた。しかし、考えてみればモノは空気や光に溶けているから、人には輪郭がはっきりと見えていないことに気付いた。その事実を知って感動した。藤井さんはたとえモノを撮っていても風景を撮っているんだと思った。わたしのデザインと一緒にその周りの空気を撮っている。藤井さんには、みんなが知っているけど見えていない輪郭が見えている。
| working。美容 | 21:02 | comments(0) | - |