SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< 神楽坂 | main | オススメの自伝を教えてください >>
anti小松さんの「HAPPY」と、有島武郎の「生まれ出づる悩み」の間にあるもの
あるとき「美容って、本当におもしろいんだな」って気づいてからは、
「仕事」とは全然思わなくなって、どっちかっていうと遊んでる。常に遊んでる感じ。
仕事が忙しいってことは、遊びがずーっと続いているわけだから、メチャメチャうれしい。
『ANTI小松利幸のA to Z』より


私は自分の仕事を神聖なものにしようとしていた。
ねじ曲がろうとする自分の心をひっぱたいて、できるだけ伸び伸びしたまっすぐな明るい世界に出て、
そこに自分の芸術の宮殿を築き上げようともがいていた。
それは私にとって、どれほど喜ばしい事だったろう。と同時にどれほど苦しい事だったろう。
私の心の奥底には確かに___すべての人の心の奥底にあるのと同様な___
火が燃えてはいたけれども、その火を燻そうとする塵芥の堆積はまたひどいものだった。
かきのけてもかきのけても容易に火の燃え立って来ないような瞬間には私はみじめだった。
『生まれ出づる悩み』より


底抜けに明るいなあとか
底なしに暗いなあとか
そう思うんだけど、
でも、仕事をしていると、だいたい
この2つのココロモチをいったりきたりしている。
振り子が揺れるときに通るような中間地点というのはほとんどなくて
(だからつまり、ぼおうっとおだやかなココロモチというのはほとんどなくて)
毎日、だいたい、ずばっとどっちかに振り切れている。

どっちも極端だけれど、どっちもリアル。

仕事は好きだ。
そう、遊んでいるより楽しいなって思うことが多い。
だけど、好きだから
なんだかヒトカドノコトができなきゃいけないのかもしれないと思ったりして
苦しいなあと思うときもある。

まあ、どっちもあるよな。

そんな両極端なところをびゅんびゅん飛びながら、
毎日と折り合いをつけれたりつけられなかったりして生きているなあと思う。


でも、今夜はこっちで締めくくりたい気分です。


「忘れ物はない?
夢と希望は持った?」


『ANTI小松利幸のA to Z』より


ANTI小松利幸のA to Z
ANTI小松利幸のA to Z
小松 利幸

小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫)
小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫)
有島 武郎
| working。美容 | 01:58 | comments(0) | - |