SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< afloatの宮村サンと | main | たっちゃんにキス >>
好かれたいと思ったりするとロクなことがない
一生懸命頑張っていた仕事が
私にとって
ある時突然、きらめきを失っていたり
ある時突然、つまんないものに仕上がりそうと思ったりする事がある。

なんでだろーって思い、
その理由を一生懸命考えてみて、思い当たった事がひとつ。

スタッフ(関係者)に好かれたいと思ったら、
大抵、つまんない仕事になるってこと。


そうそう。

仕事にのめりこめばのめりこむほど
スタッフのみんなと話し込んで仲良くなったり
美容師さんと仲良くなったりして
「そちらの事情」を聞いたり
「そちらの事情」を優先しなきゃいけないような気分になったりする。

でも、
私はやっぱり
どこまでいってもライターであって
私にとってのお客様は「読者(=お客様)」だったりする。

たとえば

読者にとって素敵なヘアデザインが掲載されていて
それがすごく支持されて
結果、その美容師さんが支持されれば、
それでいいわけであって
一般誌のライターである私は、
美容師さんの広告の仕事をしているわけではない。

そんな当たり前のことを最近思う。

それを忘れて
美容師さんに負担がないように、なんて思いながら
雑誌のページを作るなんて
本末転倒だと思う。

大事なのは、人に好かれる仕事をすることじゃなくて、
出た雑誌で、一人でも多くの女性が喜んでくれること。
多くの女性が喜んでくれることで、美容師さんにも喜んでもらうこと。

私自身は、スタッフのことをすごく好きになったほうがいいし
(ってゆーか、めろめろだけど・笑)
そうじゃなきゃ仕事なんかできないけれど
逆に
いろんな人(美容師さん)に好かれたいって思ったりすると
仕事がにぶったりして
結果、美容師さんにも読者にも
残念なものがあがったりすると思う。

そんなことを思う、最近。

いいと思うものを
ひたすら信じて作ることが
結果的にスタッフや関係者みんなの
シアワセになるといいなと思う。

たくさんの人に、
新しく、可愛く、素敵な
いいデザインが届きますように。。。

| working。美容 | 00:33 | comments(2) | - |
>美容室経営者様
貴重なコメントをありがとうございます。
本当におっしゃるとおりですよね。

(このエントリーは、先日書いたヘアカタログとは全く関係ない話だったのですが)
撮影スタッフや、美容師さんに好かれたいと思って仕事をするのではなく
ひたすら読者に素敵なデザインを届けたいと思って
仕事をしなくてはと思って書いた文章でしたが
(ライターなのにも関わらず文章が下手で・・・)
不快な思いをさせてしまい、本当に申し訳ありません。
ご指摘を受け、文章を一部変更させていただきました。
ありがとうございます。

もっと視野を広げなさいというお話、本当にその通りです。
東京にはいらっしゃれない読者のみなさんのためにも
リアルにかけられるパーマや、リアルにできるカット、
多くのサロンで手に入れることができる無理のない施術というのを
もっともっとつきつめて
全国の女性たちに喜ばれるページにしていきたいということを
これからも、一番大事に考えて作っていきたいです。

美容室経営者様がおっしゃるように
美容業界には全国のいろんな場所に
本当に素敵な美容師さんがたくさんいらっしゃいますよね!
私も、この仕事でたくさんのご縁をいただき、
いろんな地域の、素晴らしい皆さんとご一緒させていただきました。
どなたも、本当に素敵で、心から尊敬できる方々ばかりで
ますます美容師さんが好きになってしまう方ばかりでした!

いつか、一流ホテルや、一流レストランの全国版のように
全国のいろんな美容師さんの素晴らしいエピソードや
素敵なお客様との出会いや、全国のヘアデザインが
本屋にずらーーーっと並ぶような業界になればいいですよね!
それは、美容師さんという職業に魅せられた私の悲願でもありまし
日々、いろんな場所に企画を持ち込んでいるものでもあります。
少しずつではありますが、東京以外のスタイルを
発信していける環境にもなってきました。
もっともっと、地域からのデザインや美容のお話の発信の輪が
大きくなればいいなと思います。

そして、いつか、そんな本を読んで、
「美容師さんになりたい!」とか
「この地域のこのサロンに行ってみたい!」とか
思ってくださる読者の方がたくさんできるような
そんな仕事ができるよう頑張りたいと思います。

お忙しい所だと思いますのに、
こんなに長文のコメントをくださったことに感謝しております。
本当に、貴重なご意見をありがとうございました。
お言葉、心にきざんで、日々努力したいと思います。

| 増田ゆみ | 2009/08/18 3:27 AM |
あんたは本当に偉いんですね(笑)
私から見たら、と〜ても視野の狭い人にしか見えないけど。

どれだけカットの原理原則を勉強したのか知らないけど、所詮ライターでしょ?
毒にも薬にもなんない
残念なヘア作ってちゃだめだよね。
なんて言っちゃだめですよ。
結局あなたのヘアスタイルへの評価は、理論ではなく ただあなた好みかどうか。
美容師としての評価ではなく、ヘアメイクとしての評価ですよ。言ってる事とやってる事が違いますね。

読者の為だとか言ってるんだったらもっと視野を広げなさいよ。
青山・表参道まで行けない読者の方がこの世の中の大半を占めているのです。
先日のBLOGも拝見しましたが、今度の企画は全て美容師を指名したんですよね。
どれだけ全国の読者に必要とされる本か楽しみですよ。
首都圏限定発売の本でしたらすみません。
また、全国の優れた美容師を指名しての企画でしたらすみません。

どうして飲食の本は全国版があって美容の本はないんでしょうね?
どうして一流ホテルや旅の宿の本は全国版があって美容の本はないんですかね?
美容師だって よ〜く探せば 全国に素晴らしい技術者が沢山いると思います。いや、います。

そこをしっかりと理解し把握してから美容に関して評論したらいかがでしょうか。

ちなみに同じライターでも、高田秀子さんはあなたとはちょっと違いましたね。
あの方も毒舌(笑)でしたが、作品に対してのフォーカスポイントがしっかりしていましたよ。

どうです?一生懸命行っている仕事を馬鹿にされる気分は?
あなたの仕事は美容師あっての仕事です。
もっと周りの人々に感謝しなさい。
今、忙しく仕事ができていることをありがたく思いなさい。

今後のご活躍を楽しみにしております。





| 美容室経営者 | 2009/08/18 12:36 AM |