SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< 村上春樹氏の決断 | main | 春は近いけれど夜はまだ寒いね >>
スタイリングだけならヘアメイクさんに頼むほうが可愛い
また、こんなこと書いちゃって、怖いね。私。

ファッション誌を作っていても見ていても思うこと。

まあ、みんな気づいていると思うけれど
ファッションページのほうが、ヘアページよりも
ヘアスタイルが可愛いってことが、まあ、結構ある。

じゃ、なんで、
ヘアページをヘアメイクさんにお願いせずに
美容師さんにお願いするかというと
「美容師さんならカット(やカラーやパーマ)を提案してもらえるから」ということに尽きます。
だからこそ、ヘアページは髪型に制限があるプロモデルを使わずに
読者モデルで撮影するわけで。

逆にいうと、
カットせずに、スタイリングだけで仕上げるのであれば
ヘアページもヘアメイクさんにお願いして、モデルもプロモにすればいい。

この不景気、雑誌の中のヘアページは
(雑誌にもよるけれど)わりとリストラ対象です。
広告はいりにくいし、読者人気高くないし。
3か月に2回だったヘア企画が1回になり
1回10ページだった企画が8ページ、6ページになっていく。
ヘアデザインよりも、アレンジ企画が多くなってくる。

そんな中で、わざわざお願いする美容師さんたちは
昔以上にセレクティッドメンバーになっていくだろうし
その基準は、今まで以上に
「(カット)デザインを持っている人」になっていくと思う。

スタイリングだけなら、ヘアメイクさんにお願いしたほうが可愛い。
だから、みんな、ちゃんと、切っていこう。
提案のあるヘアを出していこう。
そして、是非、よいデザインをください。
メディアに。
それから、読者に。

私も、そういうヘアがちゃんと認められるようなページを作れるように
誠心誠意、がんばるまんよ。

久しぶりに、しっかりと切り込まれた
いいデザインのヘアをいっぱい見ながら原稿を書いていたので
そんなことをひしひしと思いました。

| working。美容 | 20:39 | comments(2) | - |
>ogata様
コメントありがとうございます。
私のここで言う「切り込む」というのは、
「サロンワークのように」という意味でした。
一般誌に載るヘアスタイルは、
アートではなく、デザインであるべきだと私は思っています。
そして、ogataさんのおっしゃるように
美容師本位ではなく、読者本位であるべきだと。

兼ね合いが難しいところですが
その、よきバランスを見つけていけるといいなと思って
日々精進しております。

また遊びにきてくださいねー。




| 増田ゆみ | 2009/02/21 1:53 PM |
以前mixiからメッセもしたことあるオガタです。ご無沙汰しております。

仰る通りです。一方でなぜか切り込む人ほど美容師目線のちぐはぐなスタイルになることが多いというジレンマを強く感じます。
あ、それはどちらかというと東京以外の話でしょうか?(^_^;)
| ogata | 2009/02/20 6:04 PM |