SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< 美女暦知ってます? | main | こういう時代なんだよねー >>
チームメイトと呑む
って、なんのことはない。
今夜はLU DORESSのだっちー(足立さん)と呑みました。


男子はね、ほんと怖いからね。
3日見ざれば、ほんと、変わるからね。

最初お店に入ったとき、カウンターに若い男の子がいたので
「なんでこんな渋いお店に大学生がいるんだろう?」って思ってスルーしたら、
それがだっちーでした(笑)
4年ぶりにひげそったんだそうな。

でも、近づいたら、目元あたりはしっかりシワっぽくて
けっこー貫禄ついた感じでさ。
1年間、LU DORESSの代表として
すっげー、いろいろ考えて
いろいろと大変な中、ああ、すっげー頑張ったんだなーというのがですね
男子はすぐ顔に出るんだよねー。

もともと
「女の子にモテたくて美容師になった」と豪語するだっちーだが
実際、モテたくて美容師頑張ったら、うっかりハマってしまって
女の子と遊ぶ時間がなくなるほどに
忙しくなっちゃってそれどころじゃなくなったというおばかさんです。
呑むと、いつもスタッフの話ばかりしているので、
まだ30歳なのに、おじーちゃんみたいです。

どうやったら自分の思っている事がスタッフに
ちゃーんと伝わるんだろうということをいつも考えていて
彼のブログは私は大好きなんだけど
書くのにすっごく時間がかかっているんだそう。
いいんじゃないか、時間がかかっても。
てか、思っている事が、文章だけで伝わるようなら、
プロの作家になれるんじゃ。
私だって、ライター8年やってるけれど、
文章だけで伝えることなんて全然できんのじゃよって言ったらさ、
「でも、背中で伝えることができるのは、ひとつ下の子たちだけなんですよねー」って言ってた。

そう、階段を上っている先輩の背中は
そのすぐ下の世代の人しか見えない。
それよりも下の、階段のもーーーーっと下のほうにいる世代の子たちには
ずっと上をいっている先輩の
背中どころか、足下しか見えないんですよ
だから、どんな年代の人にも通じる言葉を使いたいんですって
まじでいっていたけれど
あ、そうか。そうなんだねー。
たしかにそうかも。

だからこそ、そんな若い世代がくじけちゃわないように
私たちは、みんな、いろんな立場から
いろんな言葉を発していくしかない。
誰の言葉が響くか、なんて、わからないから。
だから、私たちはしゃべり続けるし、書き続けるしかないんだよね。

さいごのほーで、
「増田さんはいろんな美容師を育ててきて」ってなことを
だっちーに言われたけれど
私は、全くそんなふうには思っていなくて
そんなおこがましいことはぜんぜん思ってなくて、
もしも、美容師さん以外で、美容師さんを育てる事ができる人がいたとしたら
それは、お客様だけだと思う。

だから
私が、よくご一緒させていただくaround30の美容師さんたちに感じることは
育てるとかそういうんじゃなくて、
同じ船に乗ったクルーというか、同士というか、
なんか、同じ目標に向かって一緒にたたかっている仲間という気持ちに近い。
そんなことを言ったらさ、
だっちーが
「そうそう、増田さんって、同じチームにいるんだけど
コーチじゃないっすよね。
僕は、増田さんはキャプテンだと思ってます」って言ってた。

キャプテンかどうかはおいといて、
そうそう、私たちはチームメイトなんだよね。
そういってくれる人がいる限りはよ、
私はがんばるんだなあ、これがまた。

こっちもがんばる
おめーもがんばれ
そんなチームメイトとの酒でした。

おつかれ!

| working。美容 | 00:59 | comments(0) | - |