SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< 自転車2台かったのねー | main | Wドレスの試着 >>
モデルを合わせるか モデルに合わせるか
明日は12サロン合同カットコンテスト。
私も審査員兼お手伝いでお邪魔します。
今回は12サロンだったので、さすがに事前準備も大変だったけど
そのぶん、本番が楽しみ。

ヘアデザインを作るアプローチは2つあって
作りたい髪型があってそれが生きるモデルを探してくる
というパターンと
使いたいモデルがいて、そのモデルが生きる髪型を作る

大きく、この2パターンに分けられると思う。

別にどちらがいいとか悪いとかではないのだけれど、
今、自分がどちらの方向からアプローチしているかは
意識した方が、「やりたいこと」が明確になっていいような気がします。

文章を書く時も同じで
書きたいテーマがあって、材料(エピソード)を探してくるときもあるし
材料(エピソード)があったから、書きたいテーマが浮かぶときもある。

それで思い出したんだけど、
数年前、あるライターさんと、雑誌の撮影の仕込みに関して
完全に意見が分かれたことがありました。

雑誌の企画で、
「丸顔さん×3人、面長さん×3人、えらはりさん3人
 剛毛さん3人、クセ毛さん3人、軟毛さん3人の悩み解決!」
みたいなページがあったとしたら
私は「先に各サロンさんに適当にモデルを集めてもらってポラチェクしてから、
そのモデルを割り振りしてテーマをお伝えするというやり方をしている」と言ったら
そのライターさんは、
「私は、テーマがないのにモデルを捜してもらうことはありえないと思っている」と
おっしゃったのですよね。

そのときは、うーん、まあ確かにそうかな・・・。
でも、最初にテーマを割り振っちゃうと、
モデルが限られちゃうしなーと思ったりしたんだけど
今は、そのライターさんがおっしゃっていたことがよくわかる。
その方は「課題(テーマ)が決まってないのに、モデルを見つけられるはずはない」と
おっしゃっていたのだなあ。
今さらながらに思ったりして。

では、みなさん、おやすみなさいー。

明日は是非、デザインを楽しんでください!









| working。美容 | 23:45 | comments(2) | - |
>ジュークヘア様
再びコメントありがとうございます!
そして、DVD、観てくださってありがとうございます。
ジュークヘア様のご意見は、スタッフみんなにお伝えさせていただきますね!

春にはまた、3サロンさんで発売予定です。
このブログで途中報告させていただきますので、
また、是非、ご覧になってくださいませー!
| 増田ゆみ | 2008/10/06 3:02 AM |
いつも勉強になり、ありがとうございます。
DVDよかったで〜す。本当に、表、裏、本音が見える所、何か忘れていたものを、思い出させてくれますね!
業界歴25年も立つと若いこの教育だけで押せ押せで、なかなかこの何年は、上手く人が育ちません!すべては、オーナーの責任なのですが。
もっと夢や技術的な所まで本当に思い出しさせて下さる、DVDでした。皆に宣伝公開中です!!!
また、色々なサロンが見たいですね、期待しています。
有り難うございました。
| ジュークヘア | 2008/10/05 8:13 PM |