SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< 美容師ってすばらしい!!! | main | 今日は何の日 >>
紙が高くて髪が変
そうそう最近、どこにいっても出版不況の話ばかり。
この1ヶ月でも、メジャー雑誌や老舗雑誌が続々休刊した。
読者がどんどん離れている&広告がどんどん減っているのに加え、
なんでも、原油高の影響をもろに受けて、紙の料金があがっているのだとか。
近い将来は今までの1.5倍まであがるらしい。
多くの雑誌は今までよりも安い紙に切り替えたり、ページ減をしたりしているそう。
厳しい世の中ですな。

それと関係あるのかないのか、(ないのか?)
最近のヘアページやヘアカタログは、
「え? これ、出版しちゃっていいの?」というくらい、
クオリティの低いヘアスタイルが増えている。



これいいのかな? 言っても大丈夫かな?

えーい言っちゃえ。

クレジットを見ると、そんな「がっかりヘア」の作り手は
有名サロンさんの美容師さんだったりするときもある。
なんでだろ。

「ヘアページにやりたい髪型が全然ない(ファッションページにはある)」
これは私が思っているだけじゃなくて、
私の周りの女性友達もそう感じている人が多いよう。
実際、最近は美容師さんではなく
ヘアメイクさんが季節ごとの提案ページを担当することも多いみたいで。
美容師さんが作る髪型よりも
ヘアメイクさんが作る髪型の方が可愛いなんて
読者に評判だったりするから、なんとも残念な話。

ライターさんを雇えないくらいぎりぎりの状況の雑誌もあるようだから
現場でクオリティ管理ができにくくなっているのかもしれないし
美容師さんたちも、以前みたいにしょっちゅう雑誌に出れる状況じゃなくて
力が入っちゃったり、慣れてなかったり、いろんな理由があるのでしょうね。
美容の編集さんやライターさんの中でも、
最近の雑誌をとりまく状況には結構幻滅している、というような話を聞く機会が多い。
ここ数年で、美容業界を離れる心づもりの人も多いんじゃないかな。

ひょっとして、もう
ヘアスタイルを写真で見せる時代ではないのかもしれない。
そんな、すっごい怖い仮説をたて始めている私です。

少なくても、雑誌の写真で集客する時代ではなくなっていますね。

やべーなー。仕事なくなるぞ(笑)


| working。美容 | 20:44 | comments(0) | - |