SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< 最後尾にお並びください | main | 30代、40代雑誌 >>
ヘアスタイルを創る
アンケートなどをもらったときに
「ヘアスタイルを作る」ではなく
「ヘアスタイルを創る」と書かれる美容師さんが何人かいらっしゃって
たとえばLIPPSの吉沢さんなどは「創る」と書かれる人です。



今日、あるエッセイを読んでいたらこんな記述があった

創作が普通の生産と異なっている点は、
新しいものであること、オリジナルであること、である。
量産される繰り返しではない、伝統的なものではない、ということであり、
これは、それまでに存在するシステムを切り捨てることに等しい。
「創」という文字は、そもそも「壊す」「傷つける」という意味を持っている。
新しいものとは、古いものの破壊の上に成立するのである。

「悠々おもちゃライフ」(森博嗣)より


吉沢さんのヘアスタイルは「創る」という言葉に
とてもふさわしいなあと思います。


あ、それで思い出したもうひとつ。

雑誌の撮影でとった写真を、よく
「あの作品がね・・・」みたいに言われる美容師さんがいらっしゃるけれど
私は、一般誌で見るスタイルは
「作品」ではなく「商品」なんじゃないかなーと思って、
ここ何年も仕事をしてきました。
雑誌の仕事は「作品撮り」ではなく「商品撮り」。

今は、どうだろう。ちょっと考え中です。

というか、この仕事をやっていく間ずっと
そういうことを考えているんだろうなと思います。

| working。美容 | 20:51 | comments(0) | - |