SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< 七五三撮影現場より | main | 現場より 七五三パート2 >>
先人から学ぶこと 忙しいときほど淡々と(追記完了)
昨日、小松さんと植村さんとお会いしたり、
カメラマンの土肥さんにお会いしたりしたことで
ちょっといろいろ考えた。
この前、私たちの世代は、
ここらでもう一度ふるいにかけられる、と
書いたけれども、
それはもちろん、自分も含めて、の話。

では、どうやって今後生き残っていこうかと思うとき
業界で長くトップを走り続けている方の話は
本当に心にしみ入るものがあります。

さて。

自分自身への言い聞かせも含めて
思うことをちょっとだけ整理。
業界で長く生き残っている巨匠だったり、尊敬する先輩たちの
行動や言葉から感じたことメモ。

1)
「忙しい、忙しい」とまわりに言いふらさない。

忙しいと連発する人ほど、1.5流or2流と、
昔、超一流の方がおっしゃっていた。
いまどき、
忙しさをアピールすることほどウザくてダサいことはないと、思う。
ま、ネタになるほど強烈な忙しさで、
周りを笑わせられるくらいならいいんだろうけど。
これ、わたしもよくやっちゃうから、ほんとに気をつけよ。

朝日さんとか、すごいもんなー。
毎日睡眠3時間きってても、絶対忙しいって言わないし
疲れた顔ひとつ見せない。
これは、巨匠もみんなそう。
朝日さんがはじめて「わりと忙しくてねー」と私にいったときは
「わりと忙しくてさ、眠くてバイクで事故って耳がもげたんだよね」という
究極のオチがあったもんなー。


2)
仕事の大きさや細かさでテンションがアップダウンしない。

例えばライターでもカメラマンさんでも美容師さんでも、
巻頭企画や扉の撮影や裁ち落としクラスの仕事が
バンバン入っているときに、中ページの仕事をお願いしたとして、
明らかに仕事の質が落ちてくる人は、
だいたい消えていったという実感がある。
あんなに売れていたのに……と思う人でも
結構容赦なく消えていく。
「細かい仕事だと、頑張ってくれないんだよね」という評判がたつと、
この業界では軽く数年はほされたりする。
もう、数え切れないくらい、そういう
「かつてブレイクしてたんだよね」という人の顔が浮かぶ。
逆に、一度裁ち落としクラスまでいった後に、
中ページの仕事が多くなった人で、
それでもやっぱり際立って可愛いスタイルを作っていた人は
必ず裁ち落とし復活するものなんですよね。かならず。
ひとつひとつの仕事を丁寧に
そして愛情を持ってやっていきたいと
強く思うこのごろ。

3)
自分を必要以上に大きく見せない

自分の立ち位置は他人が決める。
できることはできる、得意なことは得意、と伝えるのは
プロとして当然だけれども
でもあとは、自分を指名してくれる人のために
まっすぐ真摯に働けばいいな、と思う。
巨匠であるほど
エラソーにしたり、
必要以上に自分の実力を誇示する人っていない。
こちらが恐縮するほど謙虚な人が多いんですよね。
私の性格上、謙虚っていうのは
かなりハードルが高いんだけど
エラソーにしないというのは気をつけようとおもう。


4)
いい仕事をしたいということに貪欲

長くこの業界で働いていらっしゃる人は、
人づきあいにおいて損得を計算しない。
もちろんプロだから、
利益をあげることの大切さは知っているし、
もちろんちゃんとギャラ交渉する。
でも、誰と付き合うとソンとか得とか
そういうみみっちいこと考えてないんだよなー。みんな。
自分がいい仕事をできる相手がどうか、だけを
人づき合いの軸にしている人って多い。
ギャラが高いから低いからというだけでは仕事を選ばない。
このあいだ、世界的に有名な某ヘアメイクさんに
インタビューをさせていただいた。
「撮影現場で楽しかったことは?」という質問に
「僕のとってのfunは、現場で笑えるようなことがおこったとか
楽しいことが多かったとかそういうことじゃない。
素晴らしい作品が作れたとき、それがfunだよ。
もちろんね。君もそうだろ?」
といわれた。
(英語だったので、正確にあっているかどうかは自信ないけど
こんなニュアンスだった)
そうです。がんばろ。

ながながながながと
全部自分への言い聞かせでした。

さて今日も七五三パート2です。
はりきっていこー♪
| working。美容 | 23:12 | comments(2) | - |
>horie様
私も日々精進なりよー。
お互い一歩一歩、頑張っていきたいですね。
ご活躍、こころから応援しています。

| 増田ゆみ | 2007/07/19 6:38 PM |
うっっっ・・・・(´ω`;)
思い当たる節がいくつも。
気を引き締めて謙虚に一歩一歩日々精進して参ります〜

| horie | 2007/07/19 5:56 AM |