SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< いろいろ出版 | main | U-REALMの撮影現場より >>
創刊しましたねー リニューアルもしましたねー
ついに。。。ですね。
最近は、どの編集部にいっても
スタイリストさんやカメラマンさんとも
この話でもちきり。

表参道駅もジャックしてます。
「AneCan」月刊化、第1号。



↑表参道のポスターたちは可愛いんだけどなー。
この表紙はどうしちゃったんでしょう。
さて。

姉キャンは、over25だけれども、
もっと上めの世代の女性に対しての雑誌が
最近続々と
創刊&リニューアルされています。

「STORY」や「Precious」にはじまり、
この世代への注目度があがっているのは
日本経済を考えても、必然のこと。

雑誌界においては、
久しぶりのビッグウェーブといえるかも。

さて。
残るのは、どの雑誌なのか。
私も、この世代の雑誌のお仕事は、
これから積極的にやっていきたいな、と
思っています。

まだ全部チェックし終わっていないので、
コメントはざっくりです。

ただ、今、なぜこの世代への提案が
ここまで細分化しているかということに関しては
必ず考える必要があります。
それはまさに、ヘアサロンで
この世代のお客様が求めていることに直結するはず。





↑昨日、グレースケリーの特集ページだけ読みました。
これから詳細チェックします。
昨年の「MISS」の創刊といい、この「GRACE」といい、
うん。世界文化社っぽい。
紙がいいからねー。写真がきれいにのりますね。世界文化社の雑誌は。


↑がらっと変わりましたねー。リニューアル。
ファーストインプレッションは、
「婦人公論」っぽいな、と思いました。
でも、講談社ですから。
意地でも成功させるでしょう。



↑なぜポプラ社が女性誌? と思いました。創刊時。
何号か見ましたが、徐々にこなれてきたのでしょうか。
創刊号の中吊りとか、タイトルのつけかたとか見てるときは
本当に大丈夫かしら? と、思いましたが。
今後どうなっていくんでしょうか。



↑まだ表紙しか見てません。
が、評判、いいですね。
集英社は、会社として体力があるし、
オシャレだし、着地がすごくうまいので、
おそらくちゃんと生き残っていくでしょう。



↑実は、個人的に注目しているのが、この雑誌。
現在は季刊ですが、月刊化するのでしょうか?
これは、2号目です。
えこひいきっぽいですが、頑張ってほしいです。
この会社にしかないノウハウと人脈があるはずなので、
ほかの雑誌ではできないページが作れるんだと思います。
うまく、商業ベースにのると、すごく面白いと思うんですけれども・・・。


また、近々、感想アップします。
美容師のみなさんも、
一緒に比較検討してみませんか?
たぶん、いい頭の体操になるとおもいます。
| working。美容 | 15:07 | comments(2) | - |
>sophie様
そうそう。書いてすぐEWについて、間違った記述をしていたことに気づきました。この世代への関心度は、分厚さ(広告の入り具合)でもわかるよねー。不可分所得の多い世代だしねー。今度、いろいろおしえてくださーい。

| ゆみ | 2007/03/13 12:07 AM |
EWは、前に1回出たのはテスト版で、この3月から月刊化で〜す。

働く40代女性が増えて、働き方によってファッションスタイルも多様化してきているとの見方から、雑誌が増えてるんだよね。晩婚や2回目の結婚を見据えたブライダル企画なんかをやる雑誌もあるようだし、この世代の雑誌で今までは存在しなかったような企画が、きっとBeautyページでも生まれるはず。この読者層は概してお金持ちなので、クライアント側もノリノリなので、しばらくは予算的にももつでしょう。

いつでも講義しますよ〜。

| sophie | 2007/03/12 11:45 PM |