SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< 巨匠のお仕事 again | main | 髪、切りました >>
「いつか頂上で再会」 〜倉ちゃんと太一朗へ〜
PHASE(フェイズ)の倉ちゃん(倉元さん)が、今日でサロンを卒業されます。
実家のある福岡で再スタートを切るそうです。

たいち(太一朗さん)が仕切るACQUA(アクア) omotesandoが明日オープンします。
まだ30才です。歴史を、変えたいそうです。

この先引用するのは
田坂さんという方がメルマガで書かれた文章です。
私は、大切な友達から、この文章を教えてもらいました。

明日から新しい第一歩を踏み出すお二人に。

田坂広志 「風の便り」 第183便

頂上をめざす友

 若き日に、登山をしていました。

 ある夏の日、友人と計画を立て、
 ある山の頂をめざし、
 互いに別の山道から登ることにしました。

 暑い夏の日差しの中、蝉の声を聞きながら、
 足場の悪い山道を登り始めると、
 まもなく、全身から汗が流れ始めます。

 その暑さの中、重い荷物を背負い、
 一歩一歩、足を踏みしめながら、
 急な山道を登っていきました。

 ときおり、荷物を降ろして休み、
 汗をぬぐいながら森の彼方を眺めると、
 別な山道を登ってくる友人の姿が
 心に浮かんできます。

 彼も、いま、この厳しい山道を
 重い荷物を背負って、登ってくる。

 その友人の姿が心に浮かぶと、
 また、登り始める力が湧いてくるのでした。

 その日の夕方近く、
 少し早く山頂に辿り着いた自分が休んでいると、
 遠くの稜線に、別の山道を登ってきた友人の姿が、
 現れました。

 その山頂で、二人で眺めた夕日が、
 いまも、心に残っています。

 そして、なぜか、
 その遠い夏の日の想い出は、
 いま、仕事の世界を歩んでいる
 友人たちの姿と重なるのです。

 若き日に、理想や志を語り合った友人たち。
 彼らも、いま、
 若き日に見上げた山の頂をめざし、登り続けている。

 その数十年の歳月をかけた登山において、
 我々の心を支えてくれるのは、
 ただ一つの言葉。


 いつか、頂上で再会。



倉ちゃんと、たいちの新しい出発を、心から応援しています。

いつか、頂上で再会!
| working。美容 | 14:41 | comments(0) | - |