SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< 環境適応能力 | main | 今月の赤文字【CanCam JJ Ray Pinky ViVi】 >>
風になびくかどうか
週末、(事故にあう30分くらい前まで)、美容師さんたちと、
「今後どんなヘアスタイルを見て勉強していくのがよいか」
という話をしていました(熱い、熱すぎる・・・)。
私が可愛い、と思うヘアスタイルは、ほとんど「ファッションページのヘアスタイル」にあります。
残念ながら、ヘアページのヘアスタイルよりも、ずっと「可愛い打率」が高いように感じます。

ここからは、写真撮影においてのテクニックみたいな話になっちゃいますが、

ファッションページのヘアスタイルと
ヘアページのヘアスタイル。
もちろん、前に書いたトリミングの違いもあるのですが、
ヘアスタイルだけにズームインして考えてみると、一番の違いは、
「髪が髪になびきそうかどうか」というところであるような気がします。

ヘアページの写真は、スタイリング剤がつきすぎてる感じがするもの、結構多いんです。
写真をとるまでに髪がくずれてほしくない、その気持ちは判るのですが、
あまりにスタイリング剤がつきすぎた髪は、質感がべたっと(ガチっと)してしまいます。
重さが写真から伝わっちゃうんですよね。

ファッションページの場合、同じモデルさんで、
何パターンも撮影しなきゃいけないことが多いですよね。
思いっきりワックスがついていたり、スプレーでガチガチのスタイルだと、
次へのヘアチェンジができなくなっちゃうので、
必然的にナチュラルなヘアが多くなるんだと思います。

今、ヘアメイクの仕事をたくさん受けていらっしゃる美容師さん、

例えばair(エアー)のシブケン&朝日さんや、paace(パーチェ)のサダム君や、
U-REALM(ユーレルム)の高木君、TIECHELの増田さん・・・

その美容師さんたちがヘアページでも大活躍している理由は、
ファッションページのナチュラルなヘアスタイルに慣れている、
ということにも一因がありそうです。
| working。美容 | 01:14 | comments(0) | - |