SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< スクランブル交差点 | main | 救急車→事情聴取 >>
写真のトリミング
なんだか、森博嗣さんの本ばかり読んでいるこのごろ。
多分、少し自分自身の頭を整理したい時期なのだろうと思う。
この人の本を読んでいると、そのとき考えているいろんなことが一気につながったり、
インスピレーションが涌いたりするから。

MORI LOG ACADEMY(1) 読了。

MORI LOG ACADEMY〈1〉

MORI LOG ACADEMY〈1〉



  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫



書名から想像できるように、
森博嗣さんのブログをまとめた本です。

読みながら、いろんなことを考えたのですが、
そのうちのひとつ。
写真のトリミングについて。

あくまで個人的に、ですが
撮影をしたヘアスタイルの写真を
思いっきりトリミングして雑誌にのせるのがあまり好きではない、です。
(もちろん、最初からトリミングを前提に撮影をしているときは別)

例えば、
できるだけヘアスタイルを大きく見せたいからという理由で
毛先のすぐ下で写真をトリミングするってことがあまり好きじゃない。
例えば、
ロケ撮影した写真を、
モデルさんをもっと大きく見せたいからという理由で
背景トリミングするのも、あんまり好きじゃない。

理由の1つは
服を集めてくれたスタイリストさんに申し訳ないと思う、ということ
理由、もう1つは
トリミングしてほしいものであれば、そもそも最初からカメラマンさんは写さないと思うから。

でもこの2つの理由以上に大きいのは、読者の目線、です。

ヘアスタイルの写真に関して読者はとっても敏感で、
写真の(扱われ方の)大小ではなく、
写真全体からイメージできる女性像によって、
「この髪型は自分に似合うだろうか」ということを模索している、と感じるからです。

だから、えてして
首ちょんぱの写真(服がほとんど映っていない写真)よりも
ファッションページや、ヘアページでも服までちゃんと見える写真を
切り抜きに持っていく読者が多い、という現象がおこります。

もちろん、トリミングが全て嫌、ということではなく、
何事も、時と場合によるのだけれど。

というようなことを書こうかな、と思ったのは
(MOLI LOG ACADEMY 2005年12月5日)を読んで。

書籍から引用しようと思いましたが
こちらだと写真も見ることができます。
| working。美容 | 01:18 | comments(0) | - |