SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< 表参道グランドクロス | main | かけねなし >>
作品と商品の違い
初めてファッション雑誌の撮影をする美容師さんに一番しつこくお願いするのは、
「作品」ではなく「商品」を作ってきてほしい、ということ。
作り手の自己満足を押し出したリアリティのないヘアスタイル(作品)ではなく、
読者が今すぐやってみたいと思うリアルなヘアスタイル(商品)を
作ってきてほしい、ということです。
ファッション雑誌の撮影は、決して作品撮りではない。
これが、私の商業ライターとしての基本姿勢です。
というか、基本姿勢でした。

さて、
限られた枠の中で表現する「デザイン」というものを、
今、読者はどう感じているのでしょうか?
すぐれた作品=すぐれた商品という図式は、
ヘアスタイルにおいても成立しうるのでしょうか?

緊急かつ切実な、今の私の課題です。
| working。美容 | 01:29 | comments(0) | - |