SEARCH THIS SITE
Twitter
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>
PROFILE
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

ヘアライター 増田ゆみのblog

ヘアスタイルのコト、美容室のコト、美容師さんのコト……。

お仕事のご依頼は
http://blog.unique-piece.com/?eid=150764
をご覧ください。

増田が関わった書籍、雑誌、DVDなどは
http://blog.unique-piece.com/?eid=125636
をご覧下さい。
<< エビ売れ・2【CanCam】 | main | プレゼントプレゼンター >>
エビ売れ
「エビ売れ」というネーミングは絶妙。
こういう言葉が出てくると、大きなムーブメントが起こります。
ムーブメントにネーミングはマストなのです。
LEONの「ちょいワルオヤジ」しかり、「エビ売れ」しかり。
古くは「シロガネーゼ」、最近では「こまざわんぬ」。



CanCam (キャンキャン) 05月号 [雑誌]

CanCam (キャンキャン) 05月号 [雑誌]



  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/03/23
  • メディア: 雑誌



エビちゃんの昨年のCanCamでの爆発っぷりを考えると、
今になっての特集三昧はかなり遅い感があるかも。
「CanCam」のコアな読者からしてみれば、
既に昨年の時点でエビちゃん人気は大変なことになっていたわけですから、
「なにをいまさら」って感じでしょうか。

テレビでの露出が多かった山田優ちゃんのほうが、
世間一般の認知度、高かったというのは、メディアの特性を感じます。良し悪しではなく、やはり視聴率は1%でもスゴイ。

世間一般に認知されるという意味でのムーブメントはたいてい、
コアな雑誌でHOTにとりあげられた数ヵ月後、遅いと半年後くらいにおこるものなんですよね。
だから編集サンは、何ヶ月も連続して、
それこそ、そのモデルやモチーフと心中する覚悟で企画を組み続けます。
実るときもあれば、実らないときもあります。
でも、継続しない限りは、ムーブメントにはなりません。

雑誌が仕掛けたヘアスタイルに限ってみれば、
一昨年の大ヒットは「エビちゃんマッシュ」。
昨年の大ヒットは、唯一「実樹バングス」でしょうか。
| working。美容 | 01:56 | comments(0) | - |